Works事例紹介

「骨の曲がり角研究会」を設立し女性の骨の健康をサポート

課題:更年期を迎えた女性に、骨ケアに対する関心度の向上をはかりたい

課題

女性の骨の健康をサポートするという新しいコンセプトのヨーグルトを発売。ターゲットである更年期(骨のケアを始める時期)と、骨密度に問題が起こるシニア期に乖離があるため、骨に対する関心度が低い。更年期に骨ケアに対する関心度の向上が課題。

戦略

ターゲット女性の関心事は美容。実年齢よりも若く見られたい、というインサイトに着目。多くの女性が認知している肌の曲がり角にかけて「骨の曲がり角研究会」を設立し、女性医療の専門家・整形外科医、栄養の専門家監修のもと、見た目と骨の健康に関する情報発信を行った。具体的には、骨密度の低下によって起こりうる姿勢の悪化と、見た目年齢の関係性を調査。少しの変化で、見た目年齢が10歳以上変わることを訴求。さらに、高級ホテルのスイートルームにて、簡易骨密度の測定&専門家によるアドバイス、商品の試食会を実施。

成果

TV、ラジオ、新聞などを中心に、全国で報道され、「骨のケアを行う必要がある」という認知が向上。商品訴求を行うTVCMとの相乗効果により、売上に貢献した。

その他の事例

Contactお問い合わせ

直接下記にお問い合わせいただくか
フォームよりご連絡ください。

ブルーカレント・ジャパン株式会社

〒104-6038 東京都中央区晴海1-8-10
晴海トリトンスクエアX 38F(MAP

TEL:03-6204-4141(代表) 
FAX:03-6204-4142 

お問い合せフォームへ